保険営業マンのメンタルブロックを防ぐ方法

戦略法人保険営業塾で最初にお話ししたのがメンタルブロックです。保険営業マンがメンタルブロックにやられて行動できなくなる話は時々聞きます。

そもそもなぜメンタルブロックが起きるのでしょうか。その原因は何なのでしょうか。

「売りっぱなし」という不誠実な対応を顧客に取ってしまうことが最大の原因だと私は見ています。保険営業マンは手数料が主な収入源ですから、会う人会う人が見込客に見えてしまいがちです。そこで一生懸命に接触して、何とか保険を申し込んでいただいた。ここで、保険営業マンは新しい見込客を探しに動くのです。そうなると、顧客をほったらかしにしてしまうことになります。

保険営業マンも人の子です。普通のこころを持つ人間です。売りっぱなしにしてしまった後味の悪さにガックリきて、「保険の営業は意味があるのか」と悩んでしまうことがあっても不思議ではありません。

これが法人保険営業マンの場合、経営者に法人保険の申し込みをしていただくまでは熱心に貢献して、お申し込みのあとは貢献しなくなる人がいます。これも売りっぱなしです。こんなことをすると、経営者の信頼を裏切ってしまうことになります。

貢献は継続するべきです。そのためには、経営者に継続してお会いする理由が必要です。その最大の道具が財務コンサルティングなのです。財務貢献をすることで経営者に継続的にお会いする理由ができます。これを私は「継続貢献営業」と名づけ、法人保険営業マンが成功する唯一の方法として提唱しています。

この継続貢献営業こそがメンタルブロックを予防する最大の方法なのです。

関連記事

カテゴリー