法人保険営業マンが経営者に語るべき話法の前に

法人保険医営業マンは経営者と共通言語で話す必要があります。経営者との共通言語、それは財務です。財務に興味を持たない経営者はいません。だからこそ法人保険営業マンは財務を語れるなければお話にならないのです。

法人保険営業マンが財務を学ぶ場としては、戦略法人保険営業塾がありますが、この上位セミナーとして一般社団法人日本BCP協会の公認インストラクター養成講座があります。

山田英和税理士が未来会計図表を徹底的に指導してくれるこの講座、北は東北から南は九州沖縄まで、勉強熱心な法人保険営業マンが集まります。

4月に山田先生が指導してくれたのは、経営者向けのセミナーの方法です。実際に決算書を未来会計図表に落とし込み、受講者がロールプレイングをしました。

保険営業マンは話法やトークに熱心な傾向がありますが、大事なことは経営者と長くお付き合いするための貢献方法です。この貢献方法を熟知していないと、経営者から信頼を得るのは難しいと言えます。

日本BCP協会が養成した公認インストラクターは中小企業の財務改善に貢献して中小企業を元気にして、ひいては日本を元気にするという大きな目的を担います。だからこそ経営者から全幅の信頼を得ることができるのです。

関連記事

カテゴリー