エフピーステージでは保険営業の方に向けて下記の人材育成事業を行っています。

法人保険シフトチェンジ(HSC)

開催地:東京都

法人シフトチェンジ(HSC)講座は、これから法人保険を始める方向けの講座です。
月1回2時間(財務)+2時間(セールススキル)の研修を計6回行います。

内容は「財務の基礎知識」「法人ニードセールス・見込客発掘」で、保険会社ではほとんど行われていない研修内容と考えます。
法人営業を行う営業マンにとって必要不可欠な知識・スキルを習得します。

法人保険販売には十分なヒアリングと財務内容に合った保険の販売を行わなければなりません。
「新商品が出ました。」「他社に比べて返戻率が高い!」といった一方的でレベルの低い販売手法ではなく、
決算書を見せてもらい改善案を提案し、社長のニーズと財務内容にマッチした保険の提案がでなければ、いつまで経っても「その他大勢の中の一人の保険屋さん」のままです。

社長の知らない財務知識を習得してアドバイス出来るようになれば、経営者から「大切にされる保険営業マン」になれるのです。

HSCはそんな保険営業マンを目指す方のための法人保険営業の入門コースです。

詳細は下記のサイトをご確認ください。

法人保険シフトチェンジWEBサイト

戦略法人保険営業塾(SHE)

開催地:東京・名古屋・大阪・広島・福岡

戦略法人保険営業塾(LiveSHE)は、法人保険営業のプロフェッショナルを育成する保険営業塾です。

キーワードは中小企業の経営者に対する「貢献営業」です。

中小企業の事業継続・発展に貢献するためのスキル・ノウハウを学び実践します。

中小企業の問題解決力を身に付け経営者から頼られる存在になることで、法人保険営業で成功することができるのです。

詳細は下記のサイトをご確認ください。

戦略法人保険営業塾WEBサイト

一般社団法人 日本BCP協会 上級インストラクター講座

開催地:東京

「BCP」とはBusiness Continuity Planの略で事業継続計画を示し、中小企業庁のBCPのサイトでは以下のように説明されています。

「東日本大震災(平成23年3月11日発生)において、中小企業の多くが、貴重な人材を失ったり、設備を失ったことで、廃業に追い込まれました。また、被災の影響が少なかった企業においても、復旧が遅れ自社の製品・サービスが供給できず、その結果顧客が離れ、事業を縮小し従業員を解雇しなければならないケースも見受けられました。このように緊急事態はいつ発生するかわかりません。BCPとは、こうした緊急事態への備えのことをいいます。」
http://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_a/bcpgl_01_1.html より抜粋)

しかしながら私たちは、中小企業に必要なBCPは大災害やテロなどの緊急事態における対応より、むしろ企業を継続していくために必要な『財務体質の強化』や『事業承継計画』の方が優先順位が高いと考え、2013年より財務コンサルタントとして通用するコンサルタント育成事業として、毎年講座を開講しています。

詳細は下記のサイトをご確認ください。

一般社団法人日本BCP協会のWEBサイト