事業継続コンサルティングのご案内

財務改善を通じて会社を元気にします。

中小企業の経営者の方は、色々なお悩みを抱えていますが

  • 銀行からの借入れがスムーズに行かず会社の先行きに不安がある・・・
  • 儲かっているはずなのにお金が残らない・・・
  • 毎月の銀行の返済利息が利益を消してしまっている・・・
  • 銀行がなかなか融資してくれない・・・
  • 銀行融資の金利が他の会社に比べて高いような気がする・・・

など、財務面においてもこのようなお悩みをお持ちの経営者の方も少なくありません。

しかしながら経理・税務面においては税理士事務所が毎月仕分けを行ってくれているので、「これは仕方ない」「毎月、顧問料を払っているので会社にとって一番有利な手段をとってくれている」と安易に考えているのではないでしょうか?

多くの税理士事務所は納税のための仕訳・記帳業務のみを行っているのが一般的で、財務改善のアドバイスを行っている税理士事務所はごくわずかと言われています。

「財務」と「会計」は異なります。

税務と財務の関係

 

「財務」とは

「企業の目標実現に向けての過程を『資金』の観点から評価・分析・改善すること」です。

『財務』と『会計』の違いは

『会計』の世界では、業績がいくらマイナスでも問題ありませんが、
『財務』の世界では、資金が底を尽いたらおしまいです。
会社はいくら赤字でも潰れませんが、お金がなくなったら黒字でも潰れます。

『会計』の目的は、「適正な期間損益計算」であり、『財務』の目的は、「企業存続のための分析・改善」にあります。

銀行は決算書で融資の可否や条件を決めています。

金融機関の資産の大半は貸出金です。その貸出先の経営状態によって「正常に返ってくると思われるもの」と「返ってくるか注意が必要なもの」、「破たんしかかっているもの」、「実質破たんしてしまっているもの」とに区分しています。

そのため、借入を行っている取引銀行から、毎期、決算書の提出をもとめられ、その決算書を使って金融機関は独自の信用格付けのルールに従って貴社の格付けがされ、貴社への貸出金の条件(期間、利率)や可否を判断されているのです。

その基準となっているのが金融庁の『金融検査マニュアル』と『金融検査マニュアル別冊【中小企業融資編】』です。
(金融庁は借り手である中小企業経営者にも金融検査マニュアルを広く知ってもらうため各種リーフレットも作成していますので参考にしてください。)

【金融機関による貴社の信用格付けの手順例】

金融機関による貴社の格付けは、以下の手順で行われていると言われています。

  1. 定量評価(決算書の数値をパソコンに入力する)
  2. 定性評価(経営者の人柄やマーケットの状況、経営基盤など定性的な評価を行う)
  3. 実態調整(回収できない売掛金や、売れない在庫など不良資産を修正して実態に即した内容に修正する)

信用格付の手順

 

しかしながら、定量評価(財務評価)である一次評価がほとんどのウエイト(都銀は定量評価100%、地銀信金は80%とも言われています)を占めると言われていますので、決算書の内容で信用格付けがほぼ決まると思っておいたほうがいいでしょう。

つまり決算書は会社の運命を握る大切な書類なのです。

「頑張っているけど、厳しい!従業員のためにも何とかしたい!」そんな経営者の方は是非ご相談ください。

初回のご相談は無料です。分析結果の報告を聞いてコンサルティングの可否をご判断ください。

「戦略財務コンサルティング」のご案内(流れ)

【STEP1】
・ヒアリング
・資料の受領
経営者のお悩みや希望、今後の方向性などについてヒアリングさせて頂きます。秘密保持契約の締結の上、下記の種類を受領して持ち帰ります。【必要書類】

  • 決算報告書(B/S、P/L、販売費及び一般管理費)直近過去3か月分
  • 金融機関等の借入先一覧及び借入に関する資料(金融機関の借入明細など)
  • その他必要に応じてご提出いただきます。
 ↓
【STEP2】
・分析結果のご報告
・コンサル内容のご説明
 後日、お預かりした資料を元に「財務分析報告書」を作成し、ご説明いたします。「財務分析報告書」には、貴社が金融機関からどの程度の評価を受けているか推測するための「簡易的な企業格付」や金融機関が重要視する「安全性」「返済能力」「収益性」「成長性」の財務指標も表示されますので、どの項目を改善すれば銀行の評価が上がるか予測することができます。コンサルティングの内容や費用をご説明の上、コンサルティング契約の締結を行うかご検討いただきます。財務分析診断書
 ↓
【STEP3】
・コンサル契約締結後
ご相談の上、決定した方向性に向けて改善策を講じ実行して頂きます。
月1回の訪問をさせていただきます。(約2時間)

  • 現状把握(利益構造分析・キャッシュバランス分析)
  • 利益の最大化(戦略策定・実行計画)
    ・正しい利益目標設定と戦略財務経営
    ・経営継続計画書策定・運用
    ⇒収益力向上・強みの分析 提供価値の明文化・選択される理由の明文化
    ・資金調達の見直し(借入期間と金利の見直し)
    ⇒調達と運用の最適化
    ・CFマネジメントとPDCAマネジメント
    ⇒セールスプロセス・経営管理・目標設定

お問い合わせはこちら