M&Aコンサルティングサービスのご案内

【中小企業における事業承継の現状】

社長交代率は下がり続けている!

日本の少子・高齢化が進展する中で、中小企業の経営者も高齢化が進み、しかも跡継ぎがいないなど、事業承継問題が喫緊の課題となっています。

事業承継を機に大きく成長、飛躍する中小企業もあれば、事業承継が円滑に進まないために技術や経営ノウハウが散在し、従業員が離散するなど、経営が立ち行かなくなるケースも多く見ら
れます。そのために事業承継にかかわる様々な問題に対して事前に十分な準備と対策を練っていくことが重要です。

事業承継の4つの方法と、それぞれのメリット・デメリット

中小企業の経営者は、事業承継をしたくても自分の子供が承継しないために先送りとなり、結果として経営者が高齢化し、円滑な事業承継がますます困難になってきていると考えられます。

事業承継を考える上で、中小企業の選択肢は以下の4つが通常考えられます。

事業承継における4つの選択肢

 
親族への承継
社員への承継
外部から雇い入れ
M&A
廃 業
メリット

  • 内外の関係者から心情的に受け入れやすい。

  • 後継者を早期に決めて、長期の準備期間を確保できる。



  • 従業員(役員)に承継する場合、経営の一体制を保ちやすい。

  • 親族内に適任者がいない場合でも広く候補者を選定することができる。

  • 適任者がいない場合でも、広く外部に求めることができる。

  • 現オーナー社長が会社の売却益を享受できる。

  • 特になし
デメリット

  • 親族内に経営能力と意欲がある者がいるとは限らない。

  • 相続人が複数いる場合の後継者の決定・経営権の集中の困難性

  • 親族内継承に比べ関係者から心情的に受け入れられにくい場合がある。

  • 後継者候補に株式取得の資金力がない場合が多い。

  • 個人債務保証の引継の問題。

  • 希望の条件を満たす買い手を見つけるのが困難。

  • 経営の一体性を保つのが困難。

  • 社員の全員解雇

  • 取引先への迷惑

  • 会社を清算して個人保証の借金が残る可能性がある。

M&Aによる事業承継の進め方

M&Aによる事業承継の進め方

 

お問い合わせはこちら