fbpx
最近の記事

やるべきことが明確になり仕事のやり方を変えた社長の変化について(前半)

久々の黒字決算の見込みです!

今期、支援先の創業90年を超える製造加工業者は、最盛期には400を超える同業がおりましたが、その95%以上が廃業している斜陽産業です。

過去に4.5億円程の売上を上げておりましたが、その後業績は悪化し、現在では5千万円以上の債務超過を抱えた再生中の企業です。

事業を引き継いだ社長は、「これまで企業を支えてくれている従業員に報いたい」という想いと
「業界の常識とされている従来のやり方では、企業を存続させることはできない」という危機感をお持ちでした。

長い間、資金繰り困難な時期が続いており、固定費は限界まで削減されております。
金融機関の担当者からも「枠はいっぱいです」と言われ、これ以上の借入は困難な状況です。

企業を存続させるためには、利益が必要という原則をご理解いいただき、必要な利益額を明確にしました。

それにより社長は仕事のやり方を変える決断をされました。

企業を継続させ、財務改善を行う事を決めた社長は、行き当たりばったり・成り行き任せの経営をやめ、必要な利益から逆算して、何をなすべきかを考えて経営することを目指すようになりました。

 

やるべきことが明確になり仕事のやり方を変えた社長の変化について(後半)

関連記事