fbpx
最近の記事

理念と利益

「道徳なき経済は罪悪であり 経済なき道徳は寝言である」二宮尊徳

利益をのためなら何をしてもよいという考え方は、よくない事と普通に考えれば分かります。
しかし、利益を追求する為に、善くない事と知りつつ、「仕方がない」と犯罪まで冒す事件は後を絶ちません。
一方で、どんなに素晴らしい理念を持っていても、利益が出なければ企業は倒産し、多くの人に迷惑をかけます。
企業経営において、理念と利益は継続の両輪なのです。

コンプライアンス違反をする企業が後を絶たないのは、利益自体が目的となり、企業理念や存在意義が軽視されているからではないでしょうか。
体制整備で事前に防ぐこともできますが、体制整備だけでなく、理念や存在意義が言葉化され、共有され、理解されることが根本的な対策として必要ではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「現金損益」という言葉を商標登録しました。
  2. 弊社は平成25年4月26日付けで中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関として認定され、本...