fbpx
最近の記事

銀行取引についての考え方

自己資本をあまり持たず、他人資本に依存する経営を他人資本経営と言い、支払や返済が大きく資金繰りが困難な場合が多いです。
そのため、無借金経営を目指す経営者の方もいらっしゃいますが、不測の事態の備えとして、銀行取引終わらせないという考え方もあります。

重要なのは、無借金経営の状態ではなく、現預金を多く持つこと

リーマンショック時、多くの企業が業績を下げ倒産しました。
企業が倒産する理由は、赤字ではなく資金ショートです。
経営環境の変化に伴い、業績が下がった企業でも、一過性の赤字であれば銀行からの支援を請けることができます。

ただし、一過性であっても赤字企業が融資を受けるには、既存の取引(借入)があることが条件となります。
銀行は取引のない赤字の企業への融資は困難です。

銀行は横一線という習性があり、メイン銀行の決定に他の銀行が追随する傾向があります。

不測の事態に備え、取引のある銀行へは平時から報連相を行い、実態を知ってもらうように努め信頼関係を構築しておくことが必要ではないでしょうか。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「現金損益」という言葉を商標登録しました。
  2. 弊社は平成25年4月26日付けで中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関として認定され、本...