fbpx
ごあいさつ

中小企業の現状

日本の法人約380万社のうち、99.7%が中小企業

その中小企業が、労働⽣産⼈⼝の約70%に当たる2,700 万⼈を雇用しています。

約7割の企業が赤字(欠損)申告

国税庁の平成28年分の「会社標本調査」では、7割近い企業が欠損(赤字)申告を行っています。

社長の中心年齢は66歳

出典:中小企業庁委託調査「中小企業の成長と投資行動に関するアンケート調査」(2015年12月)より抜粋

中小企業庁によると経営者の中心年齢は1995年の47歳から2015年には66歳となり、1年に1歳の割合で上昇しており、このまま円滑な事業承継や若者の起業が進まなければ2030年には80歳前後に届く計算となり、多くの中小企業が存続の危機を迎えます。

650万人の雇用喪失と22兆円の経済損失

今後10年の間に、70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人となり、うち約半数の127万(日本企業全体の約3割)が後継者未定。現状を放置すると、中小企業廃業の急増により、2025年頃までの10年間累計で約650万人の雇用、約22兆円のGDPが失われる可能性があると経済産業省は発表しています。

多くの経営者が「財務」と「事業承継」の問題を抱えています


これらのデータが物語ってるように多くの中小企業は財務体質が弱く、スムーズな事業承継が行えていません。
その要因の一つとして考えられるのが、商売は上手にできるが、「財務・事業承継知識に乏しい」「それらの知識を教える人がいない・学ぶ場がない」ということではないかと私たちは考えました。

「現金損益®安定黒字経営」が企業を強くし、正しい事業承継で未来に繋がる!

中小企業経営者の使命は「売上を上げる事」でも「利益を上げる事」でもありません。一番大切なことは「毎月・毎年お金の残る経営」に変革することです。「現金損益®」を意識した黒字経営が企業の安定・成長の基盤となり、正しい事業承継により企業は長く存続できるという信念のもと、私たちは中小企業の財務と事業承継を多方面からサポートしていきます。

代表取締役 五島 聡

ピックアップ記事

  1. 「現金損益」という言葉を商標登録しました。
  2. 弊社は平成25年4月26日付けで中小企業経営力強化支援法に基づく経営革新等支援機関として認定され、本...